ホーム スタッフ紹介 内視鏡のご案内 物忘れ外来 在宅医療 よくある質問 お問い合わせ 順番待ちシステム
物忘れ外来
dementia
認知症の症状は人によって様々です。
ちょっとした症状や変化も認知症のサインであることも多いのです。
認知症は早期発見によって進行を遅らせることも可能です。

当院では院長自らが物忘れ外来の診断、診療を行います。
普段から患者様と接することの多い、かかりつけ医だからこそ、
少しの変化も見落とさず、認知症の早期発見につながるというメリットがあります。
また近くに医師がいることで、ずっと患者様の進行状況を診ながら継続的な治療に携わっていけるのです。
こんな症状はありませんか?

物忘れが増えてきた
認知症なのでは
ないかと不安な方
最近
怒りっぽくなった
不眠に悩んでいる
幻覚や妄想がひどい
食欲が低下している

このような症状のほか、ひょっとしたら?とご本人や周りのご家族の方に思い当たるようであれば、
一度物忘れ外来を受診してみてはいかがでしょうか。




当院の診察について

当院では、ご本人による問診テスト・最近の様子の変化・ご家族のご希望を伺う
コミュニケーションシートの3つの問診をもとに医師が診断いたします。
またどのようなタイプの認知症なのか、進行具合などに合わせて、治療方針を決定します。
お薬の処方やデイサービスなどの介護保険を使ったサービスをお勧めすることもあります。
月・火・木・金の午後の診察時間に
お越しください〈予約不要〉

通常の診察よりも時間を長く取って1回の診察を行います。
初診で約40分、再診の場合は約20分程度です。



患者様の声